大山倍達総裁

大山倍達総裁

創始者大山倍達

大山 倍達(おおやま ますたつ) 1923年6月4日生まれ。

  幼少の頃より拳法を学び、13歳のとき山梨少年航空学校に入学。  
1938年3月、松濤館空手の創始者・船越義珍に初めて空手を学ぶ。  
拓殖大学、早稲田大学に学び、1947年全日本空手道選手権大会で優勝。  
身延山、清澄山に籠もっての修業、修練を積み、牛を拳の一撃で倒す牛殺し、ビール瓶切りなど の秘技を体得、遂には猛牛をも倒した。”ゴッドハンド”と呼ばれる。  1952年に渡米して全米各地をまわりプロレスラーなどと真剣勝負を行って連戦連勝、同時に 空手を紹介する。その後も世界各国をまわって各種格闘技と戦い「カラテ」の名声を世界に広げる。  “空手こそ最強”の信念のもと、直接打撃制空手を提唱して、1954年5月、大山道場設立、 1964年国際空手道連盟極真会館に改名。同時に館長に就任。  全日本空手道選手権大会、全世界空手道選手権大会を開催して極真ブームを巻き起こし、今日の 格闘技ブームのさきがけとなる。(K-1、キックボクシングなど日本の格闘技のほとんどに影響を与え、その指導者には極真経験者が多数存在する。)  その間、世界130ヵ国1200万人、国内に50を越す支部を創立して50万人の会員を擁す る最大の武道組織を築き上げ“極真最強”の名をほしいままにした。   1994年4月26日、数多の人に惜しまれながら逝去。しかし、生涯を懸けて作り上げた極真の精神は、今なお世界中で多くの道場生に受け継がれている。
国際空手道連盟・総裁。 極真会館・館長。 十段。 

Page Top

 

Page Top

大山倍達 座右の銘

  • 武の道は礼にはじまり礼に終わる。よって常に礼を正しくすべし
  • 武の道の探求は断崖をよじ登るがごとし。休むことなく精進すべし
  • 武の道においてはすべてに先手あり。しかれども私闘なし
  • 武の道においても金銭は貴いものなり。しかれども執着すべからず
  • 武の道は姿なり。何事においても常に姿を正しくすべし
  • 武の道においては千日を初心とし、万日の稽古を以って極とす
  • 武の道における自己反省は、常に練達への機会なり
  • 武の道は宇のためにあるものなり。修練にて私心を忘れるべし
  • 武の道においては点を起とし円を終とす。線はこれに付随するものなり
  • 武の道において真の極意は体験にあり。よって体験を恐れるべからず
  • 武の道において信頼と感謝は常に豊かなる収穫を得ることを忘るべからず

Page Top

Copyright(c) YONEYAMA DOJO. All Rights Reserved.